ひきこもり解消法

ニット帽をかぶる

引きこもりになってしまったら

現代日本では、自宅に引きこもっている人が、大勢いると言われています。 その原因は様々で、学校時代から何らかのきっけで不登校になり、そのまま自宅にひきこもりを続けている方や、社会に出てから、上司によるパワハラやモラハラ、いじめなどがきっかけとなり、退職してひきこもりになる方もいます。 うつ病などの病気で、自宅から出られない方もいます。 本人が一番悩んでいると思いますが、家族にとっても辛いことです。 誰にとっても、ひきこもりになる可能性はあります。 今まで、色々なことを我慢してきた気持ちがあるので、まずはゆっくりと体を休めることが、解決へ向けて必要なことです。 そして、外に出られなくても、家族とご飯を一緒に食べたり、話すことは大切です。家族も状況を受け入れることで、解決へと繋がります。

自信を持つことが解決につながる

ゆっくり休んで、心と体を癒したら、家の中で体操や軽い運動を始めましょう。 体を動かすことは、ストレス発散になります。 運動をしないと、人は病気になってしまいます。 外へ出て、人に会うことが怖いと思うなら、早朝に家から少しだけ出てみてください。 5分からでも、少しずつ外に出てみるということを習慣にするだけで、だんだん慣れてくると思います。 早朝に慣れてきたら、近くの公園や図書館に行ってみてください。 少しずつ、行ける場所の範囲を増やしていくことは、自分に自信を持つきっかけとなります。 家族と一緒にレストランに食事を食べに行くことも、解決に向かう方法としては効果的です。 外へ出ることや、人と接することを恐れずに、慣れていくということが、ひきこもりの解決になると思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加